« NEW YEAR 登山 〈ヨ〉 | トップページ | 高見山登山 〈ヨ〉 »

2016年1月15日 (金)

蓬莱山登山のつもりが・・・ 〈ヨ〉

1/14(木)蓬莱山(標高1174.2m)へ行って来ましたー。

6:30には自宅を出るつもりが結局事前の準備不足もあって7時ちょっと前にやっと自宅を出発ーdash

Img_3882_640

9:10頃びわ湖バレイ駐車場に到着。11番駐車場にはワタシ達の車だけ。

Img_3878_640

この11番駐車場の奥に登山口があります。

この登山口を見つけるのに少々手間取り登山口出発は9:35(標高約230m、気温10℃)

他に車がなかったことから今日ここから登るのはどうやらワタシ達だけみたい。

Img_3889_640 

いざ~dash

最初しばらくは広い登山道。森林帯を歩く。

Img_3895_640 Img_3901_640_2

登り始めて1時間半ほどにあった巨木。なにやら木に肘鉄を食らわしているダンナ。

「エイ~ッッ!」藤岡弘のものまねだそうですsweat02わかりにくいし( ̄◆ ̄;)

Img_3904_640_3

うらに回ると「天狗杉」と判明。確か地図(山と高原)にも載ってたわ。ここでコースタイム通りに進んでいることを確認(11:00)

Img_3905_640 Img_3913_640

標高800mくらいでは所々の積雪が900mではうっすらと登山道を覆っています。この辺りで気温は5℃。ときおり吹いてくる風は冷たく一気に汗冷えを感じますsnow

Img_3914_640

11:46クロトノハゲ

Img_3916_640

この道標を過ぎて10分位で、

Img_3925_640 Img_3922_640_2

びわ湖と蓬莱山北側のびわ湖バレイスキー場のビューeye

スキーヤー&ボーダーが滑降しているのがよく見えます。あと少しだーヽ(^o^)丿

Img_3926_640

ん?何やら画面右手にヘンな生き物が・・・カオナシ?

Img_3929_640

打身山へ(12:30)

Img_3934_640 Img_3944_640

スキーヤー達を尻目に保護網の外を進む。

Img_3948_640_2 Img_3947_640_2

スキー場は人工雪のためか圧雪で固く、靴もあまり沈みません。しかも写真のように保護網が壊れてる場所に行き着き、キックステップもあまり効かない上このまま進むのは危険と少し戻りアイゼン装着。再度進むも、よくよく見ると左側が切れ落ちていてしかも結構な傾斜。ここを行くのはちょっと勇気というか今のワタシ達の技術ではムリとやむなくここで断念。

Img_3952_640

せっかく付けたアイゼンも10分後には外され、じゃあ打見山のスキー場でお昼ゴハンでも食べようと戻る途中、

Img_3954_640

さっきも見たはずの看板をもう一度見てみると、点線で示してある歩行ルートをよく見ると保護網の内側を進むことになってるではありませんか。ガーンsign01💀二人の目は節穴だった・・・il||li _| ̄|○ il||li 目が4つあってもeye eye気づけなかったとはなんとも情けないこってす(´・ω・`)ショボーン

この時すでに時刻は13:30。お昼ゴハンを食べてから再度山頂を目指し、金毘羅峠から下山とも考えましたがやっぱり時間的に余裕がないと判断し、今回は諦めることに。さっき一回諦めたしねcrying

Img_3953_640

気を取り直して食堂でお昼ゴハン。ダンナはソースとんかつ丼とカレーパン、ワタシはカレーライス。

このとんかつ丼が意外とうまいsign01ソースが結構酸っぱめなのですがこの酸っぱさが良い!  (๑´ڡ`๑)heart04と言うことで今年の夏に蓬莱山リベンジ登山してこのソース丼を食べに来ようということに決定ーhappy01これでなんとかモヤモヤした気持ちを落ち着けたのでした。

1時間ほどの休憩のあと14:35下山開始。16:30びわ湖バレイ駐車場に無事下山してきました。

やっぱり登山は事前準備を怠りなく。山での判断ミスは命取りと言うことでこれを今回の教訓としたいと真面目に思ったのでありましたrock

 

|

« NEW YEAR 登山 〈ヨ〉 | トップページ | 高見山登山 〈ヨ〉 »

山登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1438647/63482408

この記事へのトラックバック一覧です: 蓬莱山登山のつもりが・・・ 〈ヨ〉:

« NEW YEAR 登山 〈ヨ〉 | トップページ | 高見山登山 〈ヨ〉 »