« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月15日 (月)

武奈ヶ岳雪山登山 〈ヨ〉

2/11(木)武奈ヶ岳(標高1214.4m)へ行ってきました。

今月はかなりのハイペースな山行。スキあらばといった感じで次々に計画を立てるダンナに改めて脱帽。

さて今回は武奈ヶ岳に初雪山登山です。前回と同じく御殿山コースから登ります。

Img_4836_640

駐車場に着くと、もはや満車状態。停められそうな場所を探し求めてウロウロとしていると、ちょうど一台車が出ていって運良く停めることが出来ました。

橋を渡り対面する道路を渡ると、バスが一台停まり、中を見ると登山客らしき人がいっぱい。

Img_4837_640

案の定降りてきた人はほとんどが登山客。大賑わいです。

Img_4839_640

9:55に登山口を出発です。

登り始めて少し経ったあたりでアイゼンを装着。雪はまだ深くないのですが、新雪が踏み固められてツルツル滑ります。

Img_4851_640

本当に登山客がアチコチに。人気の山とは知っていましたが土日ってこんなすごい人なんだぁflair

登り始めて1時間経つか経たないくらいで下山してくる人が増え始めました。中にはトレースを外れてスノーシューで下りてくる人も。

Img_4846_640

ワタシ達もたまにトレースをはずれてフカフカの新雪を踏んだりして歩いて行きます。

写真を撮りながら登っている人は少なく、みんなせっせと登って行くので、気づけばワタシ達は完全な置いてけぼり状態。

Img_4865_640 Img_4866_640

Img_4904_640 Img_4880_640

でもキレイな景色を見ると写真に撮らずにはいられません。もうちょっと写真上手ければねcoldsweats01

Img_4892_640

ちょっと脇にそれるとこんなに雪があるんだヨsign01

Img_4893_640 Img_4901_640

ワサビ峠を経て15分くらいからの山頂。

Img_4907_640_2

ズームで山頂付近を見てみると登山者が帯のように連なっているのが見えます。

Img_4912_640 Img_4931_640_2

山頂まで一気に行くよ~dash

Img_4947_640 Img_4948_640

尾根を登り切ったところではワンコがお出迎え。かわいいのぅ~catface

Img_4958_640

やっと着いたぜ山頂(13:30)やっぱ雪山は時間かかるなぁ。

Img_4960_640

霊仙、伊吹山方面。

その他に白山、御嶽山、乗鞍岳もキレイに見えて満足満足good

Img_4966_640

帰りがけにもう一枚(14:40)あんなに賑わっていた山頂にはあと一組のカップルしかいません。

Img_4980_640

さ・帰りますかー。

Img_4997_640

新雪歩くと雪が団子になってくっつくんです。花魁の下駄ばりだー。

Img_5006_640

オレは今日こんな感じで倒れ込みたい気分。

相変わらず遊びながら下ります。

下山途中、いつの間にか行きには通った記憶のない道を歩いているのに気づいた二人。どうやらいつの間にか夏道に合流してしまったみたい。そのせいか予定より少し遅れた17:04無事下山してきました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日)

藤原岳雪山登山 〈ヨ〉

2/8(月)藤原岳(標高1009.5m)へ行って来ました。

今回のメンバーは約1年ぶりの水野さんそして根生さん、ダンナ、ワタシの4人のパーティですpaper(パーティって言ってみたかった・・・(´;ω;`)ウレピイ(涙)

午前9:00に藤原岳休憩所で待ち合わせ。9:35大貝戸道から出発でーす。

Img_4742_640

やはり暖冬とあって雪が全くない登山道が続きます。

Img_4748_640 Img_4746_640

8合目までほとんど写真がないのでいったいどこから雪が現れたのかすっかり忘れてしまいまいした。でも8合目でさえこんな感じ。

とりあえず8合目で水野さんと根生さんだけお先にアイゼン装着。水野さん一年ぶりのアイゼンに付け方を忘れ去年の記憶を総動員。

Img_4751_640 Img_4763_640

あれー8合目からってこんなに急登だったっけ?

水野さん1年ぶりとは思えぬハイペース!根生さんも早い早い。ワタシはちょっと遅れ気味。

Img_4764_640

よゆーscissors

Img_4771_640

12:40避難小屋到着。避難小屋の前で集合写真。

さぁ展望台へ行く前に腹ごしらえをしましょうか。

Img_4775_640

ということで今回もキムチ鍋。やっぱり旨い!プチっと鍋サイコーgood

Img_4777_640

お腹もいっぱいになりましてそろそろ展望台の方へ。ここでダンナとワタシ、アイゼン装着。

いざ行かん~runrunrunrun (14:33)

Img_4782_640

イェーイ!

雪が全然な~いとか言ってたのですがここまで来るとそこそこ雪山気分を味わえるほどの積雪が。みんなテキトーにトレースつけながら展望台を目指します。

Img_4788_640 Img_4794_640

Img_4797_640

それにしてもいい天気sun絶好の登山日和ですhappy01

Img_4807_640 Img_4808_640

14:55展望台到着~。記念写真撮ってしばらく談笑後、15時ちょい過ぎ下山開始です。

Img_4827_640 Img_4828_640

途中でヒップソリ出来そうな場所を見つけダンナが先陣を切って滑ります。そのあと根生さんも初ヒップソリ。滑り降りて第一声、「これ家帰ったらポチろ!」(笑)

Img_4826_640

ワタシも試みようとヒップソリにまたがりましたが先日強打した尾てい骨辺りが痛くてあえなく断念、残念、また今度。

17時過ぎに休憩所まで無事下山。雪は少なかったけれどそれなりに楽しめた藤原岳でした。

Img_4773_640

あ・そーいえばワタシ達、本日午後15時、藤原岳展望台にて登山チームを結成しました。その名も「チーム502」わかる人にはわかるらしい(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月13日 (土)

上高地スノーシューハイク 〈ヨ〉

2/3(水)、4日(木)の二日間の日程で上高地へスノーシューハイクに行ってきましたー。

今回も以前お世話になった中の湯温泉さんに前泊することに。

3日午前11時ころ自宅を出発、途中お昼ゴハンを兼ねた休憩をとり、16時過ぎに中の湯入り口に到着しました。

Img_4497_640_2

中の湯入り口からは冬季通行止め。旅館の方に入り口まで迎えにきてもらいました。

Img_4504_640

旅館の玄関辺りから日没の穂高連峰と霞沢岳。

Img_4521_640

翌朝の山景色。Good!goodこれは期待できそうだーhappy02

Img_4544_640 Img_4540_640_3

身支度を整えたあと旅館の方に釜トンネル入口まで送って頂きました(8:35)

釜トンネルのすぐ脇には中の湯温泉の売店があります。気温はマイナス6℃やっぱり寒い。

Img_4546_640_2

釜トンネルは冬季通行止めなので電気は一部非常用のみでほぼ真っ暗。そんな中をヘッドランプの灯りだけをたよりに歩きます。前方からは冷たい風が吹いてくるし、暗くて心細いし、二人共テンションだだ下がりdownただ黙々と歩く。ときおり背後から工事車両が通るけどそれもなんだかコワイ (TωT)

Img_4554_640

25分後ようやくトンネルを抜けましたー。もう、あーたーらーしーいー朝が来た~♪って感じぃ。

Img_4562_640 Img_4570_640

しばらく歩くと焼岳が現れました。去年は悪天候にやられたよなぁ、などと話をしながら約1時間20分後、大正池ホテルに到着。ここから車道を離れ大正池に沿った自然研究路へ。ようやくスノーシューの出番です。

でも実は車道を歩いてる時から天気がねー

Img_4595_640

こんなんになってたのですわ (´・ω・`)ショボーン

加えて雪がザクザクで固く、おまけに踏み固められた雪面では一向にスノーシューの威力が発揮出来ないのでありました。もうダブルで (´・ω・`)ショボーン 

はっきり言ってしまえば全くスノーシューで歩いてる意味がない!!と言っても過言ではないという状況。天気の悪さと相まって足取り重く、

Img_4619_640 Img_4623_640

ダンナのカオもしょぼくれ気味。そういうワタシの背中もなんか淋しげ・・・。

Img_4605_640 Img_4632_640

Img_4639_640_2 Img_4643_640

田代橋を経て河童橋まで。

Img_4653_640 Img_4657_640

Img_4652_640

12:50やっと河童橋にたどり着きました。今回のハイクはここが終点です。あ~あ、天気が良ければさぞかし穂高連峰の眺めが素晴らしかったんだろうなぁfuji

お昼も過ぎたしここでお弁当をと思い、河童橋の周囲を歩くも冷たい風をさえぎるところがなく、とりあえずトイレもかねて上高地観光センターまで戻ることに。

Img_4670_640 Img_4672_640

ようやく風を遮るところを見つけお昼ゴハンにすることに。今回も中の湯さんにお弁当を頼みました。カイロの心遣いが嬉しいですhappy01

・・・が、しかし全てが冷たく固かったil||li _| ̄|○ il||li 当たり前っちゃー当たり前。

とりあえず帰りの時間もあるし急いで食べてポットの白湯飲んで帰ることに(13:50)

Img_4682_640 Img_4704_640

Img_4706_640

もう帰りはスノーシューは脱いで車道を帰ります。道路はアイスバーン状態でツルツル滑るので出来るだけ端の方を通ります。20分ほど歩くと雪が降り出してきて、大正池に戻るころには本降りに。でもこの景色はこれはこれで絵になりますな。

Img_4708_640 

今回は地味にカオだけダイブしよ!

Img_4710_640 Img_4712_640_2

カオ痛てーし。

Img_4718_640 Img_4736_640_2 

15:15無事に釜トンネルまで。この後旅館に戻り、温かい温泉に浸かって17:30帰途につきました。

今回初めて雪山用ブーツを履いて行ったワタシは靴の硬さで足を痛め、さらにアイスバーンで思いっきり滑り、尾てい骨付近を強打するという踏んだり蹴ったり状態でかなり満身創痍のスノーシューハイクでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 2日 (火)

大日ヶ岳でスノーシューハイク 〈ヨ〉

1/28(木)大日ヶ岳(標高1709m)へ行ってきました。

高鷲スノーパーク駐車場に着いたのが8:53。今回は片道約1時間のスノーシューハイク。時間的に余裕があるためゆっくり準備、気楽~。

Img_4182_640

当日は平日にもかかわらずかなりのスキー客っていうかもうほとんどの人がスノーボード。時代は変わった・・・。

9:26登山口へ向けて出発。

Img_4196_640 

ゴンドラで山頂駅まで。

Img_4223_640_2

第二センターハウス「ポポロ」の左手奥から登ります。

Img_4229_640

初めてのスノーシューとあってなにやらゴニョゴニョ手こずってる様子。

バルタン星人に見えるのはワタシだけ?

Img_4234_640

では行ってきます。(10:16)

Img_4238_640 Img_4245_640

天気も良いし、眺めも良いし、絶好のスノーシューハイク日和ではないですかーhappy01

Img_4257_640 

とか言ってた20分後にはなんだかあやしい雲行きに・・・。

Img_4281_640_2

ますますあやしいね・・・。

Img_4294_640 Img_4296_640_3

11:32山頂到着ー。

Img_4305_640

うーん、マッチロだ・・・snow

Img_4318_640

とりあえすいつものアレをしてから下山しましょう。

Img_4319_640

イヒヒヒヒ・・・。コワッΣ( ̄ロ ̄lll)

山頂は二人だけ。世界は真っ白だし写真も撮ったしもう帰ろうと言ってる矢先、ガスが少しづつ取れて若干視界も開けて来ましたshine

Img_4332_640

そうこうしてるうちにボーダーやらスキーヤーも登って来て、

Img_4396_640 Img_4394_640_2

約20分後にはお地蔵さまも道標もくっきり~ヽ(^o^)丿バンザーイ!

Img_4401_640

ワタシが仁王立ちしていた向こうの景色はこんなんだったのねlovelyステキ!

Img_4407_640_2

晴れたおかげで結局1時間ほど山頂で遊んで12:24下山開始down

Img_4434_640

振り返れば遠くに白山の勇姿。

Img_4442_640

もいっかい振り返ればそこにはいつものポーズのダンナが!

Img_4450_640 Img_4451_640

お口直しに山景色。

Img_4465_640

ピップそりを楽しんでるかのようなポーズを取ってますが実は傾斜が緩すぎて思うように滑れず手と足で漕いでいるだけという・・・ ┐(´(エ)`)┌

Img_4469_640

帰りは人の歩いていない新雪を歩く。モフモフとした踏み具合が気持ちイイ~♪

Img_4483_640

13:30頃リフト山頂駅まで戻って来ました。ゴンドラに乗って一気に下のセンターハウスまで。

Img_4489_640

なぜかセンター前のスノーボードと同化しようとするダンナ。

Img_4490_640

今回はハウス内のレストランでお昼。使えるものは使うのだ( ̄ー ̄)ニヤリ

それにしても広いレストランだなぁ。

Img_4491_640

ゆっくりゴハン休憩したあと15時過ぎに高鷲スノーパークを出て帰途へ。まだ時間も早いしせっかくなので近くの湯の平温泉spaまで足を伸ばしました。

登山のあとの温泉もなかなかオツなものですねflair

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »